ねずみによる被害|駆除よりも予防を重視|鳩の被害対策方法の基本

駆除よりも予防を重視|鳩の被害対策方法の基本

ねずみによる被害

駆除

ねずみは、大昔から人に害をなしてきた動物です。ネズミはどこからともなく家の中に住み着き、食べ物を食い荒らし、柱や壁をかじり、電源コードやガスコンロのゴム管をかじります。その結果、家はぼろぼろになり、食べ物は食べれなくなり、テレビやエアコンはつかず、ガスコンロに至ってはつけると爆発する恐れが生じてしまいます。そして、ねずみは繁殖力が凄まじく、害を放置した場合、その被害は二倍三倍と増えていきます。そうなると家のリフォーム費用だけでも莫大なものとなり、非常に高くつく可能性があります。そのため、ねずみ駆除は迅速に行いましょう。
ねずみ駆除は、被害が大きな場合は駆除業者に依頼して駆除を行うことになります。また、基本的に害獣は市役所に届け出を出さないと駆除できないのですが、ねずみは例外でありねずみ駆除は無許可で行うことができます。それほどネズミの害は凄まじく、早めの対策が必要になってくるのです。なお、ネズミは基本的に、忌避剤を巻いて追い出すか、捕獲をするか、毒餌を巻いて始末するかの方法となります。これらの方法は自分でも行なえます。
ねずみ駆除のための道具は、ドラッグストアやホームセンターでも購入でき、その気になれば自分でも駆除が可能です。しかし、より効率的に行いたいのであれば駆除は駆除業者におまかせしたほうが迅速です。プロによるねずみ駆除は、ねずみの場所を見つけ、より的確な方法で駆除を行うからです。