イタチ駆除は業者に|駆除よりも予防を重視|鳩の被害対策方法の基本

駆除よりも予防を重視|鳩の被害対策方法の基本

イタチ駆除は業者に

女の人

イタチは、害獣の中でも特に被害が大きな動物です。家の中に住み着くことが多く、一年に一回しか出産しませんが一度に複数の子供を生むため、繁殖力は非常に高いです。雑食性であり、なんでも食べるのでもし畑や果樹園で果物や野菜を栽培していた場合、被害に遭う可能性は極めて高いです。実際に、全国でイタチの被害は広がっており、数千万以上の被害総額が出ています。
そのため、イタチ駆除は被害が出る前に確実に行っておきましょう。基本的には、イタチ駆除は駆除業者に依頼をして行うことになります。そして、鳥獣法により殺処分はできないので捕獲もしくは忌避剤による追い出しが基本となります。なお、自分で捕獲用の罠を使う場合は狩猟免許が必要となります。もし、畑を持っているのであれば、自分である程度予防をすることも大事です、被害がおきてからイタチ駆除の業者に依頼をしても、襲われた分の被害は戻ってこないからです。
イタチの被害を防ぐ方法としては、電気柵などを設置し、畑や果樹園に侵入させないことが主な方法としてあげられます。イタチは大きな生物なので柵の下をくぐるのも難しいため有効な手段として知られています。しかし、電気柵を設置するときは人が誤って触れないように等間隔で看板などで人が見える所に警告をしておく必要があります。電気柵以外では忌避剤を巻くという手段もありますが、定期的にまかないと忌避剤の効果は薄れてしまうので注意が必要です。